トップページ > ランドデザイン

『朝霧が丘』の街づくりコンセプトは、ここに住む全ての家族が、広い空、蒼い海とつながる暮らしをすること。小高い丘の上にひな壇状に構成される全98邸は、
明石海峡を一望できる最高の立地。この最高のロケーションをもっともっと身直に感じ、自然に取り込む街づくりを提案しています。

海に似合う白い街並みを形成

6棟のモデルハウスが建つ街並形成ゾーンでは、建築家とつくるSea&Skyハウスを展開します。エーゲ海に建つ美しい白の街並みをイメージして考えた白壁スタイルの外観、リゾート気分を満喫できるルームプラン等、空+海とつながる街並みを実現します。


高低差を設け、北接道住戸のオーシャン眺望を確保

北接道住戸が建つ街区は、高低差を設けることでバルコニー側に隣接する、南接道住戸の屋根をスルーして、海を眺めることができます。

屋上付きハウスプランの提案

南接道住戸はバルコニー側が道路、その先には、同じ高さの北接道街区が広がっています。海眺望を確保するために南接道住戸には、屋上テラスを設けるプランをご用意しました。※屋上テラスはオプションです。


街区ごとにずらして形成

『朝霧が丘』では、美しい景観を守り、開放感に満ちた住環境を確保するために電線・通信線等、地中へ埋設。アンテナの無いスッキリとした美しい空や海を望むことができます。

このページのトップへ